読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスに乗ったら上げるブログ

バスに乗ったらとりあえず何か書いて上げます

名古屋特急ニュースター号 名古屋~大阪 名古屋バス

高速路線バス 東海 関西 昼行便

GWに名阪間をひたすら高速バスに乗り続けてネタ集めをしていた時、最終レグの「名古屋特急ニュースター号」を始発(愛知県庁前)から予約してたのに名古屋駅で余裕ぶっこいていたらどうにも間に合わなくなって、結局1つ手前の栄からの乗車に切り替えた、という出来事がありました。それ以来どうもそれがアタマに引っかかって「いつか始発から乗り直そう」と決めてました。

それが2ヶ月後という比較的早い時期に達成できたのでupします。

f:id:denwaban:20151129092851j:plain

【概略】

路線名称:名古屋特急ニュースター号 名4便

運行会社:名古屋バス

使用車両:三菱ふそう エアロエース

 

【行程】

8時00分 愛知県庁前発車

8時12分 名古屋栄発車

8時30分 名古屋駅到着

8時36分 名古屋駅発車

9時30分 甲南PAで休憩

9時50分 甲南PA発車

10時27分 高速京田辺到着

11時11分 大阪駅アルビ前到着

11時40分 天王寺駅到着

 

【旅程】

実を言うと今回手配したキップは、前泊してた名古屋駅前のホテルで寝過ごしたらバスそのものに乗れなくなるなーと思って念のため名古屋駅からの乗車という風にしていたのですが、意外と早起き出来たのでホテルを余裕で出て地下鉄で市役所前へ。

地上に出てバス停付近で色々写真を撮っていたら、

f:id:denwaban:20151129085839j:plain

「大阪」幕を出した大阪バスカラーのエアロエースがハザードを焚いて停車。厳密に言うと大阪バスではなくグループ会社の名古屋バスでした。グループ会社だからこそ出来る統一カラーですね。

ややあってドアが開いたので乗務員さんに「ここから乗りたいのですが・・・」とキップを見せると「ああ、いいですよ」と快諾。

指定された1Aに座り発車までどれだけ乗ってくるか・・・と思いましたが結局ここからは僕とあと1人だけ。官公庁街始発はそんなものかもしれませんね。

f:id:denwaban:20151129085842j:plain

定刻に発車し、栄の市街地に入るとほどなく次の停留所・名古屋栄に到着。ここでも1人が乗り込んできました。

f:id:denwaban:20151129085840j:plain

車内は4列シート、シートのカラーパターンも大阪バスと同じものでした。当然と言えば当然ですか。コンセントもあって本当に助かります。

f:id:denwaban:20151129085841j:plain

いやあこの時期の冷房はホント助かるわぁ・・・とふと上を見上げると窓枠にこの飾りカーテンが。うーん、名古屋バスで夜行運用はないハズだし大阪バスでは見なかったような気がするし・・・名古屋バスだけの特殊アイテムですかね。

(追記:前の乗車記にあった写真を見たら大阪バスにもちゃんと付いてますね)

f:id:denwaban:20151129085843j:plain

名古屋駅に着くと7~8人が乗り込んできました。学生さんらしい姿がほとんどというのも興味深いです。

定刻よりもやや遅れて出発。乗務員さんのアナウンスで「今日は長田とUSJで降りるお客さんが居ないけど、もし変更して降りるのなら教えてほしいです」という旨の案内が流れました。長田の降車地は高速道路の下だからいきなり「降りたい」って言っても無理ですからね・・・

則武本通から環状線へ。このあたりのルートはJRバスだろうが大阪バスだろうが皆同じルートを取るのでお馴染の風景が続きます。

f:id:denwaban:20151129085844j:plain

烏森ランプから名古屋高速に。

f:id:denwaban:20151129085845j:plain

庄内川を渡っていよいよ名古屋を脱出。それにしてもホントに乗りバス日和な素晴らしい天気です。

名古屋西の料金所を抜けて東名阪に入るものの交通量は名古屋高速の頃とさほど変わらず。愛知県内まではこんな状態なのでしょう。

f:id:denwaban:20151129085846j:plain

木曽三川を渡ったあたりからスムーズに流れはじめ、90キロ台を保持して滑るような感覚で安定した走りになりました。

亀山JCTから新名神へ。交通量はさらに減って時折すさまじい勢いで抜いて行くスポーツカー以外は至って平和です。

f:id:denwaban:20151129085847j:plain

甲南PAで20分休憩。

売店を少し覗いて戻ると豊橋からの豊鉄バス「ほの国号」が停まってました。

出発間際には浜松からの遠鉄バス「E-Liner」もやってきたので時間帯に丁度集まりやすいPAだったのかもしれませんね。

 

草津JCTで再び雑踏の中に飛び込みそのまま京滋バイパスへ。京都の市街地を走る名神をパスできるとあって交通量は常に多いというイメージがあります。そろそろ3車線化しなきゃ捌けないでは・・・

宇治トンネルを抜け巨椋JCTから今度は第二京阪へ。よく高速道路を乗り換える路線です。

京田辺の料金所を抜けた先にある高速京田辺に停車。

f:id:denwaban:20151129085848j:plain

1~2人が下車。京都府下のバス停ではありますが、意外と枚方にも近いことや片町線の駅が近いということもあって多くの路線が立ち寄ります。

片側3車線をまったり走り門真JCTから近畿道、さらに長田JCTで阪神高速東大阪線へ。東大阪長田駅での降車が無くそのまま高速を乗り継げたので、名古屋高速から数えて8本目の高速道路という事に・・・

森之宮までは年中行事のごとく渋滞しておりノロノロ運転を強いられましたが、運行ダイヤにはそのあたりも盛り込まれているようで、大阪駅前到着はそれでも10分ほどの早着に。

f:id:denwaban:20151129085849j:plain

ここで大半が下車し、客は僕とあと数人ほどに。

USJで降車しない事を再び乗務員さんから確認され、そのまま御堂筋を南下。

南海なんば駅の前を通り、新今宮の界隈を環状線沿いに進み、終点の天王寺駅についたのは定刻よりも20分近く早い11時40分頃でした。

f:id:denwaban:20151129085851j:plain

環状線を跨ぐ陸橋の傍という意外な場所が終点であることに驚かされましたが、天王寺駅の駅ビルがすぐそこに見えているので充分徒歩圏内であることは確か。質素な設備ですが大阪バスの南の「拠点」にようやく辿りつけた事にちょっとした感慨を覚えました。

 

【印象】

大阪バスのグループ会社ということで全体的な印象はGWに乗ったこの時と同じですが、名古屋バスの方が若干ドライといった雰囲気を持っていたように思います。

名古屋バス独自の高速路線等があればまた評も変わったのかもしれませんが、名古屋特急ニュースター号を実質1社で回している現状では、あまり独自色を出すというのが難しいのかもしれませんね。

(平成27年7月15日乗車)