読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスに乗ったら上げるブログ

バスに乗ったらとりあえず何か書いて上げます

福知山特急ニュースター号 福知山~大阪 大阪バス

高速路線バス 関西 昼行便

舞鶴出張の帰りに乗ってきました・・・と言いましても当初からこの路線を狙ってた訳ではなく(仕事の都合で乗れるかどうか分からなかったので)したがってキップは買わず「飛び込み」で乗れたらいいかなー、程度に思ってました。

 

・・・乗れちゃいました(笑)

f:id:denwaban:20151128211124j:plain

【概略】

路線名称:福知山特急ニュースター号 福6便

運行会社:大阪バス

使用車両:三菱ふそう エアロエース

 

【行程】

12時15分 福知山駅発車

12時27分 福知山インターから高速へ

13時05分 吉川JCT通過

13時26分 中国池田で高速out

13時30分 阪神高速大阪空港料金所通過

13時42分 梅田ランプで高速out

13時47分 大阪駅前アルビ前到着

14時26分 東大阪布施駅到着

 

【旅程】

予定していた舞鶴線と山陰線の列車に順当に乗り継げたので「これはひょっとして?」と思って改札を抜けて北口を見ると、名古屋で見慣れた大阪バスがまさに停まっていました。

f:id:denwaban:20151128211123j:plain

おそるおそる乗務員さんに、

「えっと予約してないんですが・・・キップありますか?」

と間の抜けた問いに特にリアクションもなく笑顔で、

「はい、ございます。どちらまで行かれますか?」

とあっさりスルーを決め込まれ何となく拍子抜けになったものの、終点の布施駅までの1850円を払って車内を見渡す。

「席はどこでもいいですか?」

とこれまた捉えどころの無い問いを乗務員さんに投げかけましたがこれも

「そうですね、お好きなところへどうぞ!」

とにこやかにスルー。では遠慮なくということで1Aへ。

f:id:denwaban:20151128211125j:plain

名古屋特急ニュースター号で乗ったシートと配色は同じでしたが、絵柄がなんとなく大胆なデザイン。導入年度で変えているのでしょうか。

セルフノリホ。3人。以上・・・大阪バスの路線でもひときわ少ないという風を聞いてたのですがここまで少ないとは。

 

定刻に福知山駅を出発。乗務員さんのアナウンスを聞きながら福知山城公園の横を抜け国道9号へ。

f:id:denwaban:20151128211127j:plain

福知山インターから舞鶴若狭道へ。最前列のシートベルトは乗用車と同じ3点式だったので、高速の風景にかぶりついているとなんとなく自分が運転してるかのような錯覚に・・・

 

終始80~100キロの間で踏み込むこともなく滑らかなクルージングが続いており、途中で数ヶ所の車線規制ポイントも滑らかに合流。名古屋線の時も感じたのですが、同社の貸切時代のクルージングの技術が、そのまま高速バスにも引き継がれているのかもしれません(この点は高く買いたいです)

あまりの滑らかな乗り心地のせいか、西紀SAの通過あたりは覚えていたのですが結局三田西を過ぎて吉川JCTにさしかかるあたりまでウツラウツラ・・・

f:id:denwaban:20151128211128j:plain

中国道に入ってもひたすら防衛運転に徹しており、昼間という交通量の少なさを差し引いても極めて静かなクルージングを提供してくれて

f:id:denwaban:20151128211129j:plain

あっという間に中国池田インターへ。

準地元なこのあたりの風景も、高速バスから見ると他所の土地のような雰囲気に思えるというのも不思議なものです。

阪神高速の接続部を駆け上がり、

f:id:denwaban:20151128211130j:plain

舞鶴から1時間ちょいで大阪空港付近に到達。早い・・・

f:id:denwaban:20151128211131j:plain

梅田ランプで降りるとJR四国バスがこれから目的地へ向かわんとするところへ出くわし、

f:id:denwaban:20151128211132j:plain

大阪駅前に到着。

ドアを開け乗務員さんが外へ出る・・・が客が降りる気配が一向にない。

外に出た乗務員さんが再び客室に戻り、大阪駅前下車予定のお客さんが座ってるあたりまで進んで

「お客さん、お客さん、大阪駅ですよ・・・」

とおっかなびっくりな感じで声をかけていたのが印象的でしたね。

結局件のお客は爆睡していた、というオチで「え、もう大阪なの?」という感じで慌てて降りていく後ろ姿がなんともユーモラスでした。

ドアが閉まり再び動き出すと、

「次は東大阪布施です。今日は天王寺と上本町でお降りのお客様がいらっしゃいませんので通過します・・・」

との事。大幅にショートカットするよって事ですね。

f:id:denwaban:20151128211133j:plain

御堂筋をひたすら南下し千日前筋の難波で東へ転進。上本町の駅前を過ぎ(多分この辺に降車地があるか?)鶴橋、今里を経て布施柳通で再び南下。

近鉄の高架が見えてきたところでそれに沿って西へ戻り終点の布施駅に到着。

f:id:denwaban:20151128211134j:plain

結局僕と一番後ろにいた客がここまで乗ってきたのですが、そのお客さんはどうやら添乗の社員さん(乗務員さん?)だったようで・・・結局純粋に客として乗っていたのは2名という事に・・・うーん。

 

【印象】

大阪バスにはグループ含め3回ほど乗ってきたのですが、運転技術は乗客という立場で見る限り恐ろしく丁寧というのが共通して言えることだと思います。接客等は可もなく不可もなくといったところですが、乗り心地の良さは地味なところながらアドバンテージを持ってるな、といった印象を受けました。

しかしそういった長所も、この客の少なさでは・・・というのが正直なところで、昼の一番人の動きの少ない時間帯ということを差っ引いてもフォローしきれないように思えます。12/1からは3時間ほど発車時刻を繰り上げ、福知山発は朝2便夕方1便という体制になるようですが、過去に同区間は西日本JRバスと神姫バスが路線を設定していて敢無く撤退した経緯を持っているだけに、発車時刻のテコ入れだけで路線を維持できるものなのか、外野ながら心配しています。

この路線の横で京都交通が「なんば~福知山」や「神戸~福知山」といった路線を頻発させているのを見ると「二匹目のドジョウ」を同社が狙っているようにしか見えません。

PR、割引等の充実以上に何か付加価値を付けないと、と思えるのですが今後がどうなるのか注目したいところです。

(平成27年11月26日乗車)