読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスに乗ったら上げるブログ

バスに乗ったらとりあえず何か書いて上げます

北陸道高速バス 名古屋~福井 京福バス

高速路線バス 東海 北陸 昼行便

「しらさぎ」と高速バス、どちらにしようかと迷ったのですが、どうせ同じネタを探すならこうしてブログを作っているのだから・・・という事で迷わず名鉄バスセンターへ。

f:id:denwaban:20150909225010j:plain

【概要】

路線名:北陸道高速バス

運行会社:京福バス

使用車両:日野セレガHD

 

【行程】

14時50分 名鉄バスセンター入線

15時00分 発車

15時17分 名古屋駅BT発車

15時48分 名神一宮発車

15時50分 名神高速へ

16時24分 米原JCT

16時40分 賤ヶ岳SAで休憩

16時50分 発車

17時06分 敦賀IC到着

17時30分 武生IC到着

17時37分 鯖江IC到着

17時46分 福井IC通過

17時56分 福井駅東口到着

 

【旅程】

名鉄バスセンターの待合室で涼をとった後、乗り場へ移動。ちょうど高岡・氷見行きの加越能バスが客扱い中でした。

出発してほどなく黄色い高速バスが入線。車体サイドに漢字を大きくデザインした大胆なもので、随分前からこのデザインの高速バスは見かけますが、今もなお新鮮さを感じさせます。

乗務員さんの改札を受け車内へ。4列シートが並ぶごく標準的な昼行仕様の内装で、足置きがあるのが嬉しい限りです。

定刻に発車。

f:id:denwaban:20150909225011j:plain

バスセンターを出てしばらくは同時発車した名鉄バスの高速車とランデブーしていましたが、こちらは駅の反対側へ出るべく高架をくぐり、

f:id:denwaban:20150909225012j:plain

名古屋駅BT到着。ここで大量の乗車があって8割方の席が埋まったようです。

民鉄系のバスがJRのターミナルへ乗り入れるというのは一昔前であれば信じられないシチュエーションでしたが、名古屋発着路線に関して言えばそういったシチュエーションは昔からごくごく当たり前のようで、ここからの乗車が多いというのもそういったことが定着している事の証左なのかもしれません。

 

名古屋駅BTを出て則武町付近を流すように走り、栄生駅(名鉄)の高架をくぐって再び鉄道線を左に見るポジションに。そのまま国道22号へ入り若干流れが悪いかな・・・と思った頃に最後の乗車地・名神一宮に到着。

f:id:denwaban:20150909225013j:plain

乗務員さんが降りて周りを確認のち舞い戻って発車。乗車はゼロでした・・・

 

f:id:denwaban:20150909225014j:plain

名神に乗るとこれまた交通量が多い。

車間距離に気を付けつつグイグイと加速。木曽川を渡ったあたりまでは覚えていましたがいつのまにか寝入ってしまい、気がついたら

f:id:denwaban:20150909225015j:plain

米原JCTで北陸道に入ったあたりでした。

あれだけ交通量の多い名神高速を大きなショックもなく走らせる乗務員さんの技量にただただ脱帽するばかりです。

 

仕事の関係で湖東・湖北方面はよく走りますが、こうして高速バスから見る風景はやはりどこか違うもので、見慣れたはずの伊吹山も雲が隠しているせいで何か神々しく見えました。

 

f:id:denwaban:20150909225016j:plain

賤ヶ岳SAで10分休憩。

ようやく車体に書かれた感じが「光」であることを知りました。確か以前見た漢字は「愛」だったように思うのですが・・・色々バリエーションがあるようで。

 

本線に戻ると余呉から先の連続カーブを慎重に、それでいて大胆に加速しつつクリアし最初の降車地・敦賀ICに到着。

f:id:denwaban:20150909225017j:plain

ここで4~5人が降車。出迎えのある客、タクシーを拾う客とさまざまでした。ここは市街地から遠いので、降りた先の交通手段がある客が使える上級者向けバス停、といったところでしょうか。

 

この後、杉津・刀根の旧北陸線に沿って連続したコーナーと勾配を滑らかにこなす。エンジンをあまり吹かさないのか本当に静かでした。

武生IC、鯖江ICと降車地が続き、その都度2~3人が降車していきます。福井への客ばかりだろうとタカをくくっていたのですが、意外と途中バス停の利用が多いのに驚かされます。

 

f:id:denwaban:20150909225018j:plain

福井ICで高速を降り、国道158号を福井の市街地へ。

夕方ラッシュの始まっている頃だが意外と国道は空いていて、市街地の入口で少し混雑したのを除けば至って快適なルートでした。

 

f:id:denwaban:20150909225019j:plain

定刻より若干遅れて終点の福井駅東口に到着。

あれだけ混んでいた名古屋の市街地や福井の小渋滞に付き合ったのにも関わらず、数分の遅れで済んだのにこれまた驚きました。

 

【印象】

福井側の担当便に乗れた訳ですが、特に大きな特徴があった訳ではなく事業者間の違いを意識させることなく利用できたということは、裏を返せば日常的な利用に深く浸透している路線ということなのかもしれません。

・・・あ、そういえば「福井のバスだなぁ」と思わせるものが一つありました。左折するたびに「キンコン♪キンコン♪」とチャイムが鳴る事。京福バスでは路線バスに例外なくこのチャイムを装備しているようで、街中至る所でこの「キンコン♪キンコン♪」が聴けます。高速バスも例外ではなかったようで・・・。

(平成27年8月28日乗車)