バスに乗ったら上げるブログ

バスに乗ったらとりあえず何か書いて上げます

JAMJAMライナーJX161便 名古屋~神戸 JAMJAMエクスプレス関西

「ウィラーエクスプレス707便」で名古屋に着いたのち、その日のうちに「既存組」か「新高速組」で帰れるかな、と思ったら昼行便は満席か中途半端な時間の便ばかり。

で、調べたら「新高速組」で夜行便を運行している事業者がいるのがわかったのですかさず予約。取ってから事業者名を調べたら・・・JAMJAMライナー・・・え?JAMJAMって東阪間の4列夜行専門じゃなかったのと思ったら、どうやら新高速バスに移行した際に東海~関西の路線にも進出したらしいです。

 

f:id:denwaban:20150506214644j:plain

【概要】

路線名:JAMJAMライナーJX161便

運行会社:ジャムジャムエクスプレス関西

使用車両:いすゞガーラ(ハイデッカー)

 

【行程】

0時34分 名古屋駅西口を発車

1時40分 土山SAで休憩(2時10分まで)

6時00分 大阪梅田プラザモータープールに到着

6時35分 USJに到着

7時20分 神戸三宮高架商店街に到着

 

名古屋高速~東名阪~新名神~名神高速~中央環状~新御堂~あみだ池筋~北港通

~阪神高速湾岸線~ハーバーハイウェイ

 

【旅程】

f:id:denwaban:20150506214643j:plain

名古屋駅太閤口の「ゆりの噴水前」が集合場所というので行ってみたら、この風景が目の前に広がって「あ、ツアーバスに乗るんだな」という気分になったのが正直なところです。

受付担当の人に名前を言ってマーカーを入れて貰ったらチェック完了。神戸行きだけではなく東京行きの客もいるので結構な混雑でした。

f:id:denwaban:20150506214645j:plain

「それでは道路沿いにまっすぐ進んで△△という店の前までお進みくださーい」

こういう案内のもとで進むと、3台のバスが待機していて

f:id:denwaban:20150506214646j:plain

今夜の宿となるJX161便に辿りつきました。前方・側方幕に行き先がないのがなんとなくツアーバスの香りが残ってるなと思ったり。

f:id:denwaban:20150506214647j:plain

f:id:denwaban:20150506214648j:plain

前方が2列+1列の幅広シート、後方6列が2列+2列の通常の4列シート。前のシートに比べたら窮屈かな・・・と思ったものの実際座ってみると膝から前席までの間隔は20cmほどと結構広かったのが意外でした。夜行専用のシート配置なのかも知れないですね。あとシートポケットに使い捨てのアイマスクも入っていたのが面白い試みに思えました。

定刻を若干過ぎて発車。かなり懇切丁寧なアナウンスが名古屋高速の烏森ランプを過ぎるまであって、

「車内は禁煙禁酒です」

というセンテンスが既存組のアナウンスには無かったなぁと新鮮に感じました。

0時47分消灯。この際も「電気を消させて頂きます。おやすみなさいませ」・・・うーん、なんかすごいです。

 

f:id:denwaban:20150506214650j:plain

f:id:denwaban:20150506214651j:plain

停車しそうな気配で目が覚めほどなく前方の遮光カーテンが遠慮気味に開いたので外に出てみることに。

1号車はダブルデッカーでこちらは独立3列シートとの事。こちらは満席だったのが悔やまれる事。4列シートの運賃より1000円ほど高いだけなので・・・

夜の土山SAは連休中という事もあってか結構混雑しており、コンビニで夜食を買うのも一苦労でした。それでも30分の休憩時間はゆったりしており、おむすびをかじりながらの高速バスのウオッチングを楽しめました(と言ってもとさでん交通の高速バスが1台居ただけでしたが)

きっちり30分後に出発。この先の大津SAで2時間ほどの乗務員休憩を兼ねた時間調整をしたそうですがそれには気づかず・・・

f:id:denwaban:20150506214652j:plain

軽い衝撃を覚えて目を覚まし、ケータイのGPSで検索をかけたら万博公園の横の中央環状線を走ってました。時刻は5時50分。

大阪梅田のプラザモータープールで2/3ほどの客が降りて車内はご覧の通り。

「まだお休みの方もいらっしゃいますのでカーテンは閉めさせて頂きます」

こっちが恐縮するくらい丁寧なのはこの事業者の教育なのかこの乗務員さんのパーソナリティなのか、大いに興味のわくところです。

 

北港通を進んでUSJのパーキングに入るも降車ゼロで一旦停車のち発車。

そのまま阪神高速に乗って京橋で降りたら終点はもう目の前だった。

f:id:denwaban:20150506214653j:plain

ネットに書かれていた「神戸三宮高架商店街」ってなんぞ?と思ってたのですが要するにセンタープラザ西館向かいの路上って事なんですね。

名古屋駅のゆりの噴水前に居たような受付の女性の方が一人ぽつねんと立っていて、降りてきた客に道案内していました。

 

【印象】

「既存組」で高速バスを知った身には、この受付スタイルは正直苦手なものがあります。事前にネットで予約はしていたのですが当日のこの「~集合」で自分の名前を名乗ってからバスの前で初めて自分の席番がわかるというのは何となく「ちゃんと席が確保されているのだろうか」という不安感があってツアーバス時代からのデフォルトであるとは言え、個人的には抵抗を感じます。

それ以外はウィラーエクスプレスの乗車記で書いたのと同じように、まったくツアーバスのニオイを感じさせない「普通の事業者」です。

この運行区間は既存組(JR東海バス・西日本JRバス)も走らせておりJAMJAMライナーとは競合関係にあることから、「既存組」「新高速組」がどこまでシェアを伸ばせるのか注目したいところです。

(平成27年5月5日乗車)